• andfun 布施紀子

私がベビーマッサージを選んだ理由

最終更新: 2月18日

私には7歳の一人娘がいます。


妊娠中、つわりは軽かったものの、精神のぐらつきがハンパなくて。毎日大泣きして、夫に当たり散らし、物にも当たり、鬼でした。

私とは、女とは、母とは、社会とは、育児とは…

と、考え思い詰める毎日。


赤ちゃんのことも何も知らなかったので、少しでも自信が持てるように、ベビーマッサージの勉強を始めました。


全く知らない赤ちゃんの世界。

人間を形成する根底の最も大切なこと。

ほぼ毎日DVのように激しく当たり散らしてた私に、赤ちゃんとの関わり方を教えてくれるベビーマッサージは救いでした。


お産も、産後も、大変で。

嘘でしょ⁉️ってことばっかり。


生後2週間からタッチケアを始めて、ほぼ毎日夢中でベビーマッサージしました。

ベビーマッサージがなかったら、どうやって育児してたのか…

考えると血が粉になりそうです。パラパラっ…😱


生後3ヶ月からは、赤ちゃん向けのいろーんな習い事やイベント、行きまくりました。

ベビーマッサージも、同じ協会のところも、他の協会のも、行ける範囲で行きまくりました。


そして、やっぱり私はこのベビーマッサージが一番だ、と実感したんです。


習い事はたっっくさんあって、あれもこれも、足し算したくなる。楽しいしね❤️


色々やってみて、私はベビーマッサージだけやればいい、って思えました。


ベビーマッサージには良いことたくさんあって、書き出したら止まらないのだけど。


私が一番重要だと信じているのは、

【自己肯定感を高められる】

ことです。


ベビーマッサージはもうこれが一番❗


愛を直接伝えられます。

受け取れます。

それは、目に見えるほど。


私自身、

どうせ私なんか、

幸せ、自由、何それ

世の中みんな敵でしょ

っていう人間でした。


そんな私が、我が子に唯一望むことは、自己肯定感です。

他はどうでも良いのです。

あなたがあなたであること。

あなたがここにあること。

この世界は幸せでできていること。


ベビーマッサージはやればやるほど、奥が深いものです。

それは、日々成長し、変化しているから。

昨日と同じ赤ちゃんはいなくて、昨日と同じ自分もいません。

同じように肌に触れても、毎回違うんです。


当たり前なことだけど、改めて実感すること、ないですよね?


そこから何を感じるか、気付くか、それも毎回違います。


ベビーマッサージ、素敵でしょ?✨

奥が深いんです。

私はベビーマッサージが一番だと信じて、自信を持ってレッスンしています。


ここまで熱く語ったけど。

私は自分がベビーマッサージ講師に向いてるかどうかわかりません。

今まで色んな仕事をしてきて、天職だ!と思ったこともありません。


ただ、今の仕事はとっても楽しくて❤️

ひたすら楽しくて続けています。


一人でも多くの方が興味を持ってくれたら嬉しいです。

ご参加お待ちしています(*^^*)

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

5月病とベビーマッサージと私の幼少期

今回は赤ちゃんよりも少し大きいお子様のいる方向けの内容ですが、皆さんに読んで頂きたいです! 私の話が殆どですが…しかも長いし… あらゆるストレスにも、ベビーマッサージはおすすめです。 ベビーってついてるけど、大きいお子様も大人にもとってもおすすめなんです。 そんなお話です。 私は幼少期から30代半ば頃まで、春は苦手で5月病にも悩まされました。 春が苦手で、冬の終わり、春の風が吹くとずどーーんと