• andfun 布施紀子

私のいい加減育児

いつもレッスンの記事ばかりだったので、たまには個人的なブログも☆


私、ベビーマッサージ講師ですが、自分の生活も育児もめちゃんこいい加減です。

責任感ない、片付け苦手、気付かぬフリ大得意。

いわゆる『お母さん』からは遠いところにいるお母さんやらせてもらってます。


主人も主人で、なかなかの自由人。

仕事も芸能、芸術系なのでいわゆる天才肌。私は魔法使いだと思ってます。

器用で何でもできる人。

人付き合いも完璧。


お互い干渉せず、気ままに生きるのが好き。


夫婦して自由人で、めんどくさがりで、アレコレ指図されるの嫌い。計画性もない。

そんな二人から産まれた娘はしっかり者に育ちます。

良いのか悪いのか…


そもそも…育児してるつもりもなく、家族で平和に生きてる、という感じです。

娘の成長を先回りして整えてあげるとか、できない。

なので娘に『みんなもうやってるよ』とか言われてハッとする毎日です。


お母さんだから、お父さんだから、っていうのが嫌いです。

お父さん担当、お母さん担当、って家族で決めるなら良いこと。

世間に決められたくない。


『お母さんなんだから』に、ものすごく苦しめられました。


だから何?

子どもの責任は全て母親にあるの?

お父さんじゃダメなの?

っていうか、そもそも子どもが悪いことしたの?


バスで子どもが泣いたら。

スーパーでお菓子買ってコール始まったら。

保育園や幼稚園で熱出したら。

なんか落としたら。

悪いことなの?

しかも全部、母親の責任なの?



いわゆる『お母さん』からかけ離れていても、私は私の思うまま、私を大切にお母さんやってます。


娘と主人の寝顔を見て、愛しくて涙が出る、それでチャラにしちゃいます。

いい加減は良い加減。

熱湯5分のお風呂より、ぬるま湯の半身浴くらいが私には合ってるわけです。


24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コラム

田房永子さんと清田隆之さんのコラム。 お二人とも大好き。 田房さんは同い年で、漫画家、エッセイスト、作家と多方面で活躍されています。 好きすぎて何度も会いに行っています( *´艸`) 著書も全部持ってます! 中でも「ママだって、人間」という漫画は、生後3か月頃に読んで号泣して、以来私のバイブルです。今でも読むと胸が熱くなります。 清田隆之さんも、前から大好き。コラムや対談など読み漁ってます。 y

成長痛について

前回のブログに続き、今回も少し大きいお子様に関係する内容ですが、ベビーマッサージに興味のある方には是非読んで頂きたいです。 成長痛、私も経験しました。痛いんですよね。 見た目にもわからないし、訴えづらいぐわーんとした嫌な痛み。 周りはどうすることもできないと、ほったらかしにされがち。 でもね、ベビーマッサージ、とても良いんですよ。 そんなお話です。 4歳頃になると、足の痛みを訴えることがあります